かやはら行政書士ブログ 第77回 建設業許可の新規申請について③

建設③

前回の続きです。

法人が埼玉県に申請することを前提に、建設業許可の新規申請に必要な書類について説明していきます。

 

8・「使用人数」

書式は埼玉県庁のホームページからダウンロードすることができます。

社員の人数を書きます。

合計、専任技術者数、専任以外の技術職、事務職員の人数を書きます。

 

9・「誓約書」

書式は埼玉県庁のホームページからダウンロードすることができます。

申請者が、「役員などに建設業許可申請ができない人がいない」ことについて誓約します。

申請者の商号や代表者氏名、所在地を書いて印鑑を押すだけですので書き方は難しくありません。

誓約する内容に間違いないかどうかに注意しましょう。

 

10・「経営業務の管理責任者証明書」

書式は埼玉県庁のホームページからダウンロードすることができます。

許可を取りたい建築工事について、建設業の経営者として必要な年数(5年、又は6年)を経験していることの証明書です。

第三者が証明することはもちろん、自分自身で証明することもできます。

証明する人と証明される人の両方について、氏名・商号、代表者氏名、住所・所在地を書いて印鑑を押します。

 

11・「経営業務の管理責任者の略歴書」

書式は埼玉県庁のホームページからダウンロードすることができます。

この書類は、申請する法人の経営者個人として書きます。

氏名や住所、生年月日や法人での役職、そしてこれまでの職歴や賞罰について書きます。

最後に略歴書を作成した日付と氏名を書いて、個人の印鑑を押します。

個人の印鑑は認印でも可です。

 

次回に続きます。
つづく
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント