かやはら行政書士ブログ 第264回 行政書士と不動産屋さん

不動産①

「行政書士」と「不動産屋さん」というと、このブログでも何度か説明していますが、宅地建物取引業の免許申請があります。

不動産屋さんを開業するには、「宅地建物取引業免許」というものが必要で、その為の手続を行政書士は本人に代わって行うことが出来ます。

 

実はそれ以外にも行政書士が不動産屋さんと関わることがあります。

それは「相続」です。

 

アパートを借りたい時や住宅やマンションを購入したい時に不動産屋さんに相談したことがある方は多いと思いますが、不動産屋さんは土地や住宅、マンションを売りたい時にも相談することが出来ます。

は 売却① 

売りたいという相談を受けた不動産屋さんは、売りたい土地や建物などの所有者を調べます。

そして、所有者が既に亡くなっている場合は、亡くなった所有者から相続人に名義を変更しないとその不動産を売ることが出来ません。

 

そんな時に不動産屋さんは行政書士に相談することがあります。

何故なら行政書士は不動産の名義を亡くなった方から相続人に変更する為に必要な「遺産分割協議書」という書類を作ることが出来るからです。

 

不動産屋さんから相談を受けた行政書士は、売りたい不動産の所有者となっている亡くなった方の相続人と面談します。

 

その相続人から依頼を受けた行政書士は、先ず亡くなった方の戸籍等を調べて、誰が相続人かを特定します。

次に、相続人全員で話し合って誰が売りたい不動産を相続するかを決めてもらい、それを行政書士は「遺産分割協議書」という書類にまとめます。

この「遺産分割協議書」によって、亡くなった方が持っている不動産の次の所有者が決まります。

し 書類① 

その後、遺産分割協議書を使って売りたい不動産の名義を変更する手続きを行いますが、これは相続人本人が行うか司法書士という別の資格者が行います。

 

行政書士と不動産屋さんは、このような時に関わることがあります。

 

かやはら行政書士事務所では、遺産分割協議書を含む相続証明書類の作成代行を承っております。

 

売りたい不動産の所有者が亡くなった方になったままの方はお気軽にご相談下さい。
おしまい①
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

最新コメント

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR