かやはら行政書士ブログ 第157回 遺言で遺産を渡す予定の人が先に亡くなってしまったら

遺言①

遺言を書く人は多くはありませんが、ごく少数という訳でもありません。

日本公証人連合会のホームページによると、令和2年に日本全国で作成された遺言公正証書は、9万7700件となっています。

過去10年間の作成件数は、10万件前後となっています。

 

参考

ttps://www.koshonin.gr.jp/news/nikkoren/令和2年の遺言公正証書作成件数.html

 

遺言を書く目的はいろいろありますが、一番の目的は自分の財産をどのように遺すか、ではないでしょうか。

遺言は自分が亡くなった後に事について書きます。

つまり未来の事について書くので、書いている時に予想していないことが起こるかもしれません。

そんな時、遺言の効力はどうなるのでしょうか?

結論からお伝えすると、その部分は無効になります。


例えば、相続人になる予定の人の1人であるAさんにX銀行の預金を相続させることが遺言に書いてあったとします。

そして、Aさんが遺言を書いた人より先に亡くなってしまったとします。

そうすると「AさんにX銀行の預金を相続させる」と遺言に書いてあった部分は無効となり、Aさん以外の相続人が協議してどのように預金を分割するかを決めることになります。

書類②

ですが、遺言は何度でも書き直すことができます。


出来れば、Aさんが亡くなったことを知ったら遺言を書き直した方が、手間はかかりますが良いのではないかと思います。


かやはら行政書士事務所では遺言の作成代行、及びその相談を承っております。

お気軽にご相談下さい。
おしまい①

かやはら行政書士ブログ 第111回 動画を投稿しました。【22本目】


今回の動画は、とある事例を参考に遺言について説明します。

自分の死後、親族ではない人に財産を渡すにはどうすればよいのでしょうか。

また、自分の親族ではない人から死後に財産を譲ると約束してもらった場合、どうしたらその約束を守らせることができるのでしょうか。

関心がありましたら動画をご視聴下さい。

 

また、今回も動画を撮影、編集、投稿するにあたりまして、合同会社ご縁の代表、青木 秀様には大変お世話になっております。

青木様は、春日部駅東口で「ご縁探偵事務所」という探偵業を営んでおります。

浮気調査を得意としておりますので、興味のある方は是非お問い合わせください。

 

ご縁探偵事務所

344-0061 埼玉県春日部市粕壁1-4-40 市川ビル2F

電話048-878-9249

かやはら行政書士ブログ 第101回 遺言書のはなし その2

遺言①

以前、とある相談を受けました。

「相続で揉めそうだ」という相談でした。

 

「揉めそうだ」というのは、「ある人」の相続人になる予定の方々(これを「推定相続人」と言います。)の中の1人からの相談なのですが、「ある人」は存命中なのです。

つまり、まだ相続は発生していません。

 

相続が発生する前から「自分は他の相続人より多く相続する権利がある」と言っている推定相続人がいる、とのことです。

つ 強い主張

相談者からの話を聞く限りでは、「その人の主張が正しいとは思わないが、全く間違っているとも思わない」と感じました。

 

私は、「ある人」はどう思っているのか?と相談者に質問したのですが、「ある人」は高齢で認知症の為、施設に入っているとのことでした。

 

私は、「「ある人」の考えを聞いて、それを遺言書に書いてもらえば良いのではないか」とアドバイスしようと思ったのですが、相談者の言う通りに認知症である場合、それも出来ません。

 

相談者がその後どうしたのかは分かりません。

このブログをご覧いただいている方には、遺言書を書いた方が良いとは言いませんが、「認知症になると遺言書を書くことができない」という事だけでも覚えていただけると幸いです。

 

かやはら行政書士事務所では、遺言書の原案作成の代行、及びその相談を承っております。

お気軽にご相談下さい。
おしまい①

かやはら行政書士ブログ 第85回 動画を投稿しました。【11本目】


今回の動画は、遺言についてです。

関心がありましたら動画をご視聴ください。

 

また、今回も動画を撮影、編集、投稿するにあたりまして、合同会社ご縁の代表、青木 秀様には大変お世話になっております。

またその関連企業である株式会社Furture  skills様は、春日部市粕壁にてプログラミングとYouTuberの塾を運営しています。

そこには現役のYouTuberがいて、私のような動画投稿の初心者にも豊富な知識と確かな技術で親切に指導してもらうことができます。

動画の投稿に関心がある方がいましたら、個人でも事業主の方でもご紹介しますのでお気軽にお問い合わせ下さい。

かやはら行政書士ブログ 第48回 遺言書のはなし

遺言①

少し前にあったとある相談です。

このブログをご覧に皆様も、こんな話を聞いたことがありますでしょうか。

 

Aさんは、お年寄りのBさんの身の回りの世話をしていました。

Aさんは、Bさんの家族や親戚ではなく、単なる知り合いです。

ですがそれなりに親しい間柄だったようです。

 

しばらくしてBさんは高齢者施設に入ることになったそうです。

Aさんは、Bさんが高齢者施設に入所する際にも、いろいろお手伝いをしたそうです。

Bさんは、Aさんに高齢者施設に入所後も支援を続けてほしいと伝えたそうです。

また、その見返りとしてBさんの死後にBさんの財産の一部を与えるという約束をしたそうです。

 

そしてBさんは亡くなりました。

AさんとBさんの間には上記の約束を記した書面や、Bさんの「Aさんに財産の一部を与える」という内容の遺言書もありませんでした。

老人①

そのような状況で当職に相談してきたのです。

 

これはもうどうしようもありませんでした。

ただ普通にBさんの財産はBさんの相続人に相続されておしまいです。

AさんがBさんの相続人にこれまでの経緯を説明すれば、Bさんの相続人から遺産の一部を譲ってもらえるかもしれませんが、そうなるかどうかはBさんの相続人次第です。

Aさんには「お願い」することはできても「権利」はありませんでした。

 

「相続」ができるのは「相続人」だけです。

それ以外の人に遺産を譲りたい場合は、遺言書を作成しましょう。

また、そのような約束をしたら遺言書を書いてもらいましょう。

 

当事務所では、遺言書原案の作成代行も取り扱っています。

最新コメント

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR