かやはら行政書士ブログ 第171回 動画を投稿しました。【46本目】


今回の動画では、相続について説明します。

親がなくなると一部の例外なケースを除いて、その子は相続人になります。

子は相続人になりますが、相続人の配偶者は相続人にはなりません。

だから全く関係がないかというと、実際の相続ではそうではない場合もあります。

関心がありましたら動画をご視聴下さい。

 

かやはら行政書士事務所では、

個人向けには、相続・遺言・協議離婚・個人間合意書など

事業者向けには、探偵業の届出の他に建設・産廃・古物商などの許認可申請・ビジネス契約書など

の業務を承っております。

初回相談1時間無料です。

お気軽にご相談下さい。
スポンサーサイト



かやはら行政書士ブログ 第165回 相続放棄について

そ 相続①

人が亡くなると相続が発生します。

亡くなった方のこと「被相続人」と言いますが、被相続人が持っていたプラスの財産もマイナスの財産も相続人に相続されます。

プラスの財産しかない、又はプラスの財産からマイナスの財産を差し引いても財産が残る場合は、相続人同士で話し合ってどのように分け合うかを決めます。

しかし、マイナスの財産しかない場合、又はプラスの財産からマイナスの財産を差し引くとマイナスの財産が残る場合はどうしたらよいでしょうか。

 

そのような場合は「相続をしない」という選択をすることができます。

これを「相続放棄」と言います。

 

相続放棄には手続きが必要です。

手続を行うところは、被相続人の最後の住所地を管轄する家庭裁判所です。

尚、相続放棄の手続きには期限があります。

それは、相続があることを知った時から3ヶ月以内、です。

締切日が決まっていますので、素早く行動しましょう。

か カレンダー①

相続放棄を行うには、以下の書類を提出しなければなりません。

(1)相続放棄の申述書

家庭裁判所のホームページからダウンロードすることができます。

また、同じホームページに書き方の説明もあります。

それ程難しくない書類なので、ホームページの書き方の説明を参考にしながら作ってみてはいかがでしょうか。

(2)被相続人の住民票の除票(又は戸籍の附票)

(3)申述する人の戸籍謄本

(4)被相続人が生まれてから亡くなるまでの戸籍・除籍・改正原戸籍

(5)相続人に応じた戸籍・除籍・原戸籍

 

以上です。

かやはら行政書士事務所では、遺産分割協議書を含む相続証明書類の作成代行を承っております。

お気軽にご相談下さい。
おしまい①

かやはら行政書士ブログ 第159回 相続についての複雑な感情

お お金①

人が亡くなると相続が発生します。

亡くなった人の財産にはプラスの財産(資産)もありますが、当然マイナスの財産(負債)もあります。

マイナスの財産を欲しいという人はほとんどいないと思いますが、プラスの財産を「要らない」という人もほとんどいないように思えます。

しかし、実際の相続の事例ではプラスの財産を手に入れる権利があるにも関わらず、それを拒否する人がいます。

こ 断る②

当職は行政書士として遺産の分割に関する書類の作成の代行を業務としています。

その過程で各相続人が相続財産についてどのような考えを持っているかについてお聞きすることがあります。

考えをお聞きする際には「あなたには財産を相続する権利がある」旨を伝えます。

権利なので、本人が「欲しい」と言えば相続財産の一部又は全部はその人のものになります。

ですが人間の感情は複雑です。

 

相続人の中には「相続財産を受け取らない」という方もいます。

そういう方に当職は「いろいろな事情があるのだろうな」と想像はしますが、「何故ですか?」等と聞くことはありません。

その方の意向を尊重した上で相続に関する書類を作成します。

 

このような複雑な感情は、親子間の相続よりも兄弟姉妹間の相続の方が多いような気がします。

 

かやはら行政書士事務所では、遺産分割協議書を含む相続証明書類の作成代行を承ります。

お気軽にお問い合わせ下さい。
おしまい①

かやはら行政書士ブログ 第158回 動画を投稿しました。【40本目】


今回の動画では、不動産の相続について説明します。

相続財産でよくあるのは「預貯金」と「不動産」です。

「預貯金」はお金なので、みんなで話し合ってきれいに分けることができます。

しかし、不動産はお金の様に簡単に分割することができません。

では、不動産を複数の相続人で「共有」すれば良いのでしょうか。

関心がありましたら動画をご視聴下さい。

 

かやはら行政書士事務所では、

個人向けには、相続・遺言・協議離婚・個人間合意書など

事業者向けには、探偵業の届出の他に建設・産廃・古物商などの許認可申請・ビジネス契約書など

の業務を承っております。

初回相談1時間無料です。

お気軽にご相談下さい。

かやはら行政書士ブログ 第156回 動画を投稿しました。【39本目】


今回の動画では、とある相続の事例について説明します。

そのお客様は、相続が発生してから30年以上も何の手続きもしていませんでした。

関心がありましたら動画をご視聴下さい。

 

かやはら行政書士事務所では、

個人向けには、相続・遺言・協議離婚・個人間合意書など

事業者向けには、探偵業の届出の他に建設・産廃・古物商などの許認可申請・ビジネス契約書など

の業務を承っております。

初回相談1時間無料です。

お気軽にご相談下さい。

最新コメント

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR