かやはら行政書士ブログ 第97回 不動産を相続したら

不動産①

相続が発生したら遺言がある場合を除いて、相続人達が話し合って相続財産をどのように分けるかを決めます。

相続財産としてポピュラーなものは「預貯金」と「不動産」です。

「預貯金」は、割合についての話し合いで合意が得られれば分け合うのは容易です。

預貯金の合計額をそれぞれの相続分に応じて割れば良いからです。

しかし、不動産(土地・建物)はそう簡単にはいきません。

ケーキの様に切って分け合うことができないからです。

 

では、どのようにしたら良いでしょうか?

私は以下の2つのケースが考えられると思います。

 

(1) 1つの不動産に対して、相続するのは誰か1人に決める。

ここでのポイントは、「不動産を共有にしない」ということです。

具体的に書くと「X土地を相続するのは相続人Aさん」、「Y土地建物を相続するのは相続人Bさん」という様に決めることです。

何故そうした方が良いかというと、不動産は利用したり処分したりすることがあるからです。

人に貸したり売ったりする時、当事者が多いと手続きや意思決定に手間がかかります。

当事者である複数名の間で合意が得られない場合、いつまで経っても利用したり処分したり出来なくなってしまいます。

そのようにならない為にも、不動産は単独名義で相続したほうが良いと思います。

ただしその他の相続財産の分割について、不動産を相続しなかった相続人との調整が必要になります。

 

(2) 不動産を売却して売却したお金を相続人で分け合う。

不動産を売却してお金にすれば、後は「預貯金」を分け合うことと同じように進めることが出来ます。

ただし、不動産の売却に時間がかかったり、売却金額が予想より下になる可能性があります。

この場合、売却手続きを行う者を相続人の中の誰か1人に決めておくと良いでしょう。

今回は以上です。

 

かやはら行政書士事務所では、相続に伴う遺産分割協議書等の相続証明書類の作成代行、及びそのご相談を承ります。

 おしまい①

お気軽にご相談下さい。
スポンサーサイト



かやはら行政書士ブログ 第96回 約30年前の相続

そ 相続①

今回は、当事務所にご依頼いただいたとある相続の事例について書きます。

 

被相続人(亡くなった方)は依頼主の親です。

タイトルにあります通り、被相続人は約30年前、平成の始め頃に亡くなりました。

そのまま相続の手続きを経ずに約30年が経ちました。

その間、特に問題はありませんでした。

 

しかし、被相続人名義の資産を売却しなければならなくなり、相続の手続きを当事務所にご依頼いただきました。

 

私は、相続の手続きは出来れば長期間放置することなく、速やかに行うことをお勧めします。

そして、私以外の行政書士やその他の士業の先生方もそのように思っているでしょうし、そのようにアドバイスするでしょう。

 

ですが、様々な要素(相続税や相続人の構成等)により、このように長期間相続手続きをしなくても問題が生じないこともあります。

 

このブログをご覧の皆様はどのようにお感じになるでしょうか。

しかし、私は「相続手続きは、速やかに行うこと」をお勧めします。

何も起きないかもしれない「偶然」に期待しない方が良いからです。

 

かやはら行政書士事務所では、相続に伴う遺産分割協議書等の相続証明書類の作成代行、及びそのご相談を承ります。


お気軽にご相談下さい。
おしまい①

かやはら行政書士ブログ 第95回 動画を投稿しました。【15本目】


今回の動画では、相続における相続人の調べ方について2回に分けて説明します。

今回は、その2回目です。

関心がありましたら動画をご視聴ください。

 

また、今回も動画を撮影、編集、投稿するにあたりまして、合同会社ご縁の代表、青木 秀様には大変お世話になっております。

青木様は、春日部駅東口で「ご縁探偵事務所」という探偵業を営んでおります。

浮気調査を得意としておりますので、興味のある方は是非お問い合わせください。

 

ご縁探偵事務所

344-0061 埼玉県春日部市粕壁1-4-40 市川ビル2F

電話048-878-9249

かやはら行政書士ブログ 第93回 動画を投稿しました。【14本目】


今回の動画は、相続における相続人の調べ方について2回に分けて説明します。

今回は、その1回目です。

2回目は近日中にアップする予定です。

関心がありましたら動画をご視聴ください。

 

また、今回も動画を撮影、編集、投稿するにあたりまして、合同会社ご縁の代表、青木 秀様には大変お世話になっております。

青木様は、春日部駅東口で「ご縁探偵事務所」という探偵業を営んでおります。

浮気調査を得意としておりますので、興味のある方は是非お問い合わせください。

 

ご縁探偵事務所

344-0061 埼玉県春日部市粕壁1-4-40 市川ビル2F

電話048-878-9249

かやはら行政書士ブログ 第69回 相続について小耳にはさんだ話

パソコン①

これは当職が直接相談を受けた話ではありません。

ですが現在のネット社会においては、多くの方に起こりうることかもしれないと思い書くことにしました。

 

とある会社を経営するAさんが、事故により突然亡くなってしまいました。

Aさんのご家族は突然のことに大変悲しみました。

Aさんの葬儀や納骨など一区切りとなった時点で、Aさんのご家族は相続の手続きを行うことにしました。

 

Aさんの経営する会社は法人でした。

ですので、事業に関する財産は法人のものなので、相続の対象にはなりませんでした。

Aさんは、自身が経営する会社の株主でもありましたが、その株式はAさん個人の財産なので相続の対象になりました。

 

Aさんのご家族は相続の手続きや、会社の経営に関する協議を進めました。

そんなある日、Aさんのパソコンを見ると、そこにはたくさんのメールが届いていました。

実は、Aさんは個人としてネットオークションを行っていたのでした。

メールの内容は「お金を払ったのに品物が届かない」というものでした。

Aさんのご家族はAさんの経営する会社のことは当然知っていました。

しかし、Aさんが個人としてネットオークションをしていることは全く知りませんでした。

 オークション①

Aさんがあまりに突然亡くなってしまったので、オークションの落札者はAさんの事情を知りませんし、知ることもできません。

お金を支払ったにもかかわらず品物を送らないAさんに抗議したのです。

 

この後Aさんのご家族がどうしたかまでは聞いていません。

いずれにしても、Aさん個人が行った取引の債権(お金を受け取る権利)と債務(品物を引き渡す義務)は、相続の対象となります。

お金を払った人に品物を送ったか、お金を返して取引をキャンセルし方のどちらかでしょう。

 

今後はこのようなケースも想定して相続に関する業務を行わなければならない、と感じました。

おしまい①