一般貨物自動車運送事業の事業報告書

どんな会社でも期末を迎えたら、そこから2ヶ月以内に1年間の売り上げや経費をまとめて、税金を納めるために税務署や市役所などに申告しなければなりません。
さらに運送事業者の許可を持っている事業者は、そこからさらに約40日以内に事業報告書及び事業実績報告書を管轄の運輸支局へ提出しなければなりません。
必要な部数は運輸局によって異なる場合がありますので、提出する前に確認したほうが良いでしょう。
少なくとも正本と副本の2部は最低必要です。
事業報告書には何を書くのでしょうか。
基本的には税金の申告を同じようにお金のことを書きます。
売上や経費、経費の中の人件費についてです。
ただ、運送業以外の業務をしている事業所は注意が必要です。
事業報告書に書くのは運送業のついてだけです。
例えば、1億円の売上があれば税金の申告には「売上1億円」と書きます。
ですがこの売上の内訳が、「運送業 4000万円、不動産業 6000万円」だった場合、運送業の事業報告書には「売上 4000万円」と書きます。
経費のほうも同様です。
普段から会計を分けておいたほうがよさそうです。
事業報告書の1枚目事業報告書の2枚目事業報告書の3枚目
スポンサーサイト